10万円給付金の受け取り方を風俗業界向けにご案内!

10万円給付金がいつどうやって受け取れるのかわかりやすく解説

特別定額給付金ってなに?

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、特別定額給付金(仮称)事業が実施されることになりました。
対象者は4月27日時点で住民基本台帳に記載されている国民すべてに「1人当たり10万円💰」が支給されます。

つまり小さな子供・キャバクラ・風俗業界で働く女性であっても「✅日本に住民票があればー律10万円」が給付されるという事です✨

また国籍は問わず、3カ月を超える在留資格などを持ち、「住民票を届け出ている外国人の方も対象」になるそうで、今は海外に居住している場合でも「住民基本台帳に記載されている場合は対象」となる方針が発表されています。

申請する方法は?

新型コロナウイルスの感染予防のために、基本的には「郵送📪」と「オンライン💻」で申請で、受取り方法はいずれも「✅本人名義の銀行口座に振り込み」となります。

しかし「✅オンライン申請だと、マイナンバーカードが必要」となり、どうやら「マイナンバーカードの交付には通常1ヵ月くらい」かかるそうです💦

なので「郵送📪」で申請する方法が、カンタンそうですね😄👍✨

※尚、やむをえない場合は、窓口での申請・給付も受け付けてくれるそうです

郵送で申請する場合は?
  1. 市区町村から「✅世帯主宛てに申請書が郵送」されます
  2. 届いた申請書に振込先口座などを記入します
  3. 振込先口座の確認書類」と「本人確認書類の写し」を、市区町村に郵送します
  4. 後日、銀行口座に「✅世帯分の給付金」が振り込まれます
オンラインで申請する場合は?
  1. マイナンバーカードをICカードリーダーで読み取る
  2. 指定WEBサイト(マイナポータル)で必要事項を入力します
  3. 振込先口座の確認書類」をアップロードします
  4. 後日、銀行口座に、給付金が振り込まれます

受付・給付が開始される日は?

市区町村ごとに決定される為「地域によって時期がバラバラ」になるそうです💦しかし可能な限りスピーディーな支給開始を目指すそうなので、早い所では5月中に受付が開始されるのではという話も出ていました✨

但し「✅申請期限は受付開始日から3か月以内」との事なので、くれぐれも申請期限だけは過ぎないよう、各地域サイトの情報をチェックしてくださいね😄

特別定額給付金は非課税?

先日、菅官房長官の会見では「特別定額給付金は非課税になる見込み」と発表していました。

もしも「✅非課税となった場合は、今回の10万円は所得税や住民税がかからない」ので、年末調整や確定申告のときも、控除手続きが不要になります。

他にも気になるQ&A

住民票が現住所ではない場合は?

上記の通り「✅世帯主が申請書を受け取り・代表口座に給付される制度」なので、住民票が実家のままであれば世帯主のもとに申請書が送られてきます。

もし現住所で受け取りたい場合は「4月27日より前に住民票を現住所に変更する」か「世帯分離」をしている必要があるそうです。

銀行口座を持ってない場合は?

総務省によると、こうした「✅事情のある場合は窓口での受け渡しを個別に対応」していく方針だそうです。

また海外の金融機関など、指定口座への入金ができない場合なども同様の対応になる可能性があるとの事でした。

給付金の受取り拒否はできる?

申請書には「申請を希望しない場合のチェック欄」があり、世帯員ごとに受け取り可否を決められるそうです。

また世帯全員が受け取りを必要としないのであれば、申請手続きをしなくてもいいとの事です。

ネカフェ生活など特定住所がない場合は?

総務省では、ホームレスやネットカフェで寝泊まりする人も「✅住民登録がされている市区町村で給付申請は可能」との見解を示しました。

また登録が抹消されている場合は、いずれかの自治体に再登録すれば給付が受けられるとし、基準日(4月27日以降)に再登録が行われた場合でも受給の対象となると説明していました。

世帯ごとの給付が困る場合は?

原則としては、上記の通り「✅住民基本台帳で同一世帯であれば世帯主に一括給付」です。
また、総務省からは「DVが原因で別居している」などの事情がある場合においては、「申出書」の提出があれば世代主とは別に受け取れることも発表されました。
DV被害が確認できる書類があれば、いま住んでいる自治体に申し出ることで受け取れるそうですが、それでも受け取りが難しいケースは残るようです💦
気になる方は、ぜひ下記コールセンターに電話でお問い合わせをしてみてくださいね。

給付金詐欺には要注意!

なんと総務省からは「給付金支給に伴う詐欺」にも注意するよう呼びかけていて、
Twitterでも既に「給付金詐欺にあいかけた💦」という声が上がっています。

総務省によると、この給付金には「ATMの操作・手数料・個人情報・暗証番号」を求めることはないそうです💦

もし、これらの情報を求められた場合は、詐欺事件として最寄りの警察署や警察相談専用電話「#9110」に連絡するよう求めています。

くわしく電話で聞きたい

特別定額給付金に関する相談受付は、総務省がコールセンターを設置してくれているそうです。現在、電話がつながりにくいそうですが、そのときは時間をおいてお掛け直しくださいとの事です。

電話番号
03-5638-5855
応対時間
9:00~18:30 (土、日、祝日を除く)

上記は現時点における検討状況となり、今後の検討によって変更もありえます。また内容が固まり次第、追加してまいります。(本給付金の実施にあたっては、令和2年度補正予算案の成立が前提となります。)

更新日: 2020/05/27 12:00

バニラTOPページに戻る

ページトップに戻る