\動画付き/風俗の面接の流れを徹底解説!服装、場所、持ち物、よくある質問と対策

音声も聞きたい場合はスピーカーマークを押してね♪(本体の音量に注意!)

\ 動画付き /風俗の面接の流れを徹底解説!
服装、場所、持ち物、よくある質問と対策

  • 風俗の面接ってどんな服装で行けばいいの?
  • 面接の場所ってお店なの?
  • 風俗の面接って何を質問されるの?

初めて風俗の面接を受ける女性は特に、わからないことがたくさんありますよね。
そこでバニラ求人は、面接の準備から面接後の体験入店まで、応募後の流れをそっくり体験できるシミュレーション動画を制作しました!どのように準備し、面接に臨めばいいのか、映像付きで選択肢を選びつつ進めていけるので、文章ではわかない部分までばっちりわかること間違いなし♪
応募しようと悩んでいたり、面接を受ける前の女性はもちろん、おさらいをしたい女性も興味がある方もぜひチェックしてみてくださいね。また、くわしい解説をこのページでまとめているので併せてチェックしてみましょう!

風俗の面接前に、
ゆずれない条件や確認事項を聞いておこう

気になるお店に応募したら、お店のスタッフさんとやりとりをして面接日時を決めます。「絶対に譲れない条件」や「面接前に確認しておきたいこと」がある場合は、その際に聞いておくのがベスト!

たとえば……

勤務時間や期間などは、事前に確認しておきましょう。そもそもそのお店で働けるかどうかにかかわる重要な部分なので、事前に押さえておけばせっかく面接したのに希望に合わなくて無駄になった!なんてことにならずに済みます♪特に、「タトゥーが入っていても働けますか?」「ぽっちゃりでも大丈夫ですか?」といった面と向かって聞きづらいことは、必ずチェックしておいてくださいね。

面接に関しての不安もこのときに聞いておきましょう。初めて面接を受ける場合は特に、わからないことが多く、不安も大きいと思います。求人によっては面接場所を指定できたり、女性面接官を派遣してくれるところもありますよ。ちなみに面接官は、店長さんやお店のことをよく知っているスタッフさんが担当するケースがほとんど。対応がとても紳士的で、積極的に入店をすすめてくれますよ。ただ、もし他のお店と比較してから入店を決めたいなら、事前にきちんと伝えておきましょう!

面接の準備をしっかりしておこう

面接の日時が決まったら、次は面接の準備をおこないましょう。
よりよい条件での合否は準備の段階で決まると言っても過言ではありません!面接の準備はそのぐらい重要なのです。特に以下の3点は要チェック!

服装とメイク

と思う方も多いかもしれませんね。

基本的には面接してくれるのは男性の採用スタッフがほとんど。そのため、面接の際は一般的に男性受けのいい服装やメイクを心がけることで、好印象を与えられるので、よりよい条件での採用を期待できます。イラストつきで解説するので、しっかりチェックしていってくださいね。

メイクは「ナチュラルメイク」がおすすめです。ナチュラルメイクの基本は自分の顔立ちや肌の色、チャームポイントを活かしたメイクです。そのため全体的に自然な仕上がりになるので、清潔感や優しそうな印象を与えやすく、男性ウケはもちろん、男性女性関係なく面接官に好印象を与えられるためおすすめです。

服装は女性らしさを感じられ、清潔感のある雰囲気にまとめましょう。ただ、女性らしさといっても、スカートを着用する必要はありません。面接は自分の良さを売り出す場ですので、脚が長くスレンダースタイルの女性ならパンツスタイル、逆に丸みを帯びた癒し系のスタイルの女性ならフレアスカートなど、ご自身のスタイルや魅力を活かした女性らしい服装選びをしてみてくださいね。

なお、メイク・服装共に応募するお店のコンセプトに合っているかどうかにも気を配る必要があります。

たとえば…

ギャル専門店なら
ギャル系のファッションとメイク
清楚系をウリにしているお店なら
あまり派手すぎないワンピースやスカート、
控えめメイク

といった感じです。このようにナチュラルメイクと清楚系ファッションをベースに、応募先のコンセプトに合わせて調整するのがいいでしょう。

持ち物

持ち物もしっかりと準備しておく必要があります。当然ですが、お店から持ってくるように指示されたものは必ずすべて持っていきましょう。また、指示されていなくても「顔写真付きの身分証」は持っていくことをおすすめします。風俗では18歳未満の方は働けないので、身元確認をされた際に18歳以上であることを証明しないといけないからです。顔写真付きでないと本人の身分証として認められない可能性があるので要注意。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード(住基カード)

※いずれの証明書類も有効期限内のものに限ります。
※その他の書類をお持ちの場合はお店に直接お問い合わせください。

この中からどれか1つを持っていきましょう。
体験入店をする際にも顔写真付きの身分証は必ず必要になるので、面接当日に体験入店をしたい方は絶対に忘れないようにしてください。

ちなみに
風俗の面接では基本的に履歴書は必要ありません。万が一必要な場合は、お店から事前に連絡があるので、その際は欠かさず持っていくようにしましょう。高級デリヘルや高級ソープといった採用基準が高いお店だと必要になる場合も考えられます。

その他の持ち物は自由ですが、採用スタッフから聞いたことを忘れないためにもメモ帳と筆記用具は持っていくといいでしょう。体験入店をするなら「下着」や「メイク道具」などもあると便利です。

応募する業種
の下調べ

応募するお店の情報はもちろんですが、応募する業種の情報を調べておくのも大事な準備です。業種によっておこなうサービスお給料の額働き方などさまざまな点が異なりますよ。
とはいえ、「どこまで調べればいいの?」と困ってしまうと思います。そんな方は、以下のポイントだけでも押さえておきましょう。

  • サービス内容
  • 店舗型or派遣型
  • 平均的な給与額

ちなみにバニラの『職種図鑑』なら、業種ごとの仕事の流れを簡単に確認できます。現役で働いている女の子の、一日の仕事の流れを写真付きで見られるので、より具体的なイメージが湧くと思いますよ。 また『業種解説』ページでは、業種ごとの基本的な解説に加えて気になるQ&Aも載っています。このようなページもチェックして、働くイメージを膨らませましょう♪

ここまでで面接前の準備について詳しく解説してきました。上記の内容を参考にしながら、準備はしっかりとおこなってくださいね。それでは、次は面接の流れや押さえておくべきポイントなどを見ていきましょう!

面接で質問しておくといいこと

風俗で理想の働き方を叶えるためにも、面接では以下の質問は絶対にしておきましょう!

  1. 給与システム

    特に「バック率」は大事です。バック率とは一言で言うと「サービス料金のうちの何%がもらえるか」の"何%"にあたる部分のこと。たとえばバック率が50%なら、サービス料金の半分をもらえることになります。バック率はお店によって異なる上にお給料に直結する部分なので、面接時に絶対確認しておくべきです。また、お店によっては雑費がお給料から引かれる可能性があります。こちらもお給料にかかわるところですから、前もって聞いておくことをおすすめします。

  2. 待遇

    お給料だけでなく、お店の待遇についても確認しておきましょう。「待機所はどこにあるのか」 「罰金やノルマはあるのか」 「月1出勤はOK?」などなど、自分が気になる点は積極的に聞いてみてくださいね。待遇は快適に働く上で欠かせないポイントなので、自分が納得するまでとことん確認しておくのがおすすめです。事前に仕入れた情報の再確認というスタンスでもいいと思いますよ。また、何か要望があれば採用スタッフに交渉してみるのもいいでしょう。

  3. 客層

    「どういうお客様が多くてどんな女の子が人気なのか」を知っておけば、自分がそのお店に合っているかどうかを判断できます。自分が輝けるような環境でないと「思うように稼げない……」なんてことにもなりかねないので、確認しておいたほうがおトク。また、客層とあわせてどんなタイプの女性が在籍しているのかも見ておくと、より自分に合っているお店かどうかチェックできますよ。

業種別

面接で質問しておくと良いこと

ソープ
雑費はどのくらい引かれますか?
一日の平均的な接客人数が知りたいです
オナクラ
ソフトサービスのみでどのくらい稼げますか?
オプションのバック率はどのくらいですか?
デリヘル
待機所の場所や環境を教えてください
送迎はしっかりしてくれますか?
店舗型ヘルス
プレイルームはどんな感じですか?
女の子同士の仲は良いですか?

面接でよく聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問をいくつかピックアップしてみました。それぞれどんな回答をするかあらかじめ決めておけば、自信を持って面接を受けられますよ。

志望動機は何ですか?
風俗の面接でも志望動機を聞かれることが多いです。もし聞かれたら「こう言ったほうがいいかな?」「これは言わないほうが印象いいかも……」など考えずに、正直に言っておくと合格した後に働きやすくなります。また、お店に対してではなく「なぜこの業界で働こうと思ったのか?」のように、業界そのものに対する志望動機を質問されるケースも。そのときも「貯金をしたいから」「借金を返済したいから」など、自分の正直な思いをはっきりと伝えておきましょう。
月にどのくらい働けますか?
こちらも定番の質問です。自分がどのくらいのペースで働きたいのか、採用スタッフにきちんと伝えましょう。受かりたいからといって無理して多めに言うのは、お店に迷惑がかかってしまうので絶対にNG。「週1回3時間」「月8回で1日5時間」など、自分が無理なく働けるペースを伝えてくださいね。もし働ける時間が短かったり不定期でしか入れなくて心配だったりする場合は、遠慮なく採用スタッフに相談してみましょう。
仕事内容に問題はありませんか?
風俗は業種によっておこなうサービスが大きく異なります。そのため、風俗の面接ではどの程度のサービスまで対応できるのか、確認の意味も含めて聞かれることが多いです。「自分はどこまでできるかな?」「これはできないなぁ」など、あらかじめ自分の中でしっかりと線引きをしておきましょう。もし判断に迷ったら、「○○はできないです。」と言っておくのがベスト。最初は確実にできるものから始めて、お仕事に慣れてきたら徐々にプレイの幅を広げていくといいでしょう。

業種別

面接でよく聞かれる質問

ソープ
今までの実績(性経験)を教えてください
以前はどちらのお店で働いていたんですか?
オナクラ
どの程度のオプションまで対応できますか?
生理のときに出勤可能ですか?
デリヘル
NGな地域はありますか?
タバコは吸いますか?
店舗型ヘルス
タトゥー、入れ墨は入っていませんか?
妊娠線はありますか?

風俗の面接に受かるための3つのポイント

以下の点を押さえれば、他の女の子に差をつけられて合格率がアップすること間違いなしです!

あいさつをしっかりとする
「はじめまして」「よろしくお願いします」「ありがとうございます」といったあいさつの基本は、きっちりと押さえておきましょう。風俗は接客業でもあるので、あいさつをしっかりするとそれだけで採用スタッフに誠実な印象を与えられますし、「この子は真面目に働いてくれそうだな」と思ってもらえます。ちょっとしたことですが、面接にいい条件で受かる可能性もアップする大事なポイントなので心がけてみてくださいね。
自分のアピールポイントを作る
面接を受ける前に、自分のアピールポイントを1つ決めておくのがおすすめです。アピールポイントと言うとすごい長所を考えなきゃいけないと思うかもしれませんが、そんなことはないので安心してください。「笑顔をよくほめられる」「話すのが大好き」のようなものでOKです。もし浮かばなかったら、今までで一度でも周りの人からほめられた部分を思い出してみましょう。そのようなアピールポイントを作ることで自分のキャラクターを印象づけられますし、自分が持っている魅力を伝えやすくなるというメリットもあります。
可能であれば体入してみよう
風俗の面接では、その場で体験入店ができるお店もたくさんあります。そのため、もし時間に余裕があれば体験入店をしてみるのもいいでしょう。体験入店は、実際に入店する前におためしで働くことができるシステムです。体験入店をすればお店の雰囲気や客層・プレイ内容などが自分に合っているかを事前に確認できるので、体験入店をしてから入店するかどうかを決めるのがベストだと言えます。おまけに「このお店で働きたい!」という熱意を見せられますし、体験入店することで仕事の流れや雰囲気もつかめて一石二鳥です。働いてみて「自分と客層(お客さんの好み)が合ってないなぁ」「もう少し色んなサービスに対応できるかも!」と思ったら、他のお店を検討してみてもいいと思います。どちらにしても体験入店するメリットは大きいので、可能ならチャレンジしてみてくださいね。

風俗の面接に関するよくある質問

  • 採用基準って何?

    多少スタイルが良くなくても愛嬌がいいならなど…どのような基準で採用されているのか知りたいです!

    面接の合否は、年齢・体型・性格・マナーなどを総合的に判断して決まることがほとんどです。容姿はもちろん大事ですが、接客業なので性格やマナーといった内面的な部分も同じくらい重視しています!どんな方でもきちんとお話しさせていただきますので、まずは応募してみてくださいね♪

  • 話を聞きたいだけもOK?

    興味はあるものの経験がないのもあり、まずは話を聞いてから考えたいと思っています

    もちろん大歓迎です!ご応募された際に、あらかじめお伝えいただければ大丈夫です。未経験の方は特に不安や疑問などたくさんあると思いますので、気軽にお問い合わせください。

  • 風俗の面接官は男性だけ?

    初めて受けるので、正直面接官が男性のはハードルが高いです。できれば女性がいいです…。

    初めての面接ともなれば未知のことも多く緊張しますよね。お店によっては女性が面接官を担当するところもありますし、事前に伝えておくと女性スタッフが担当してくれることもありますよ。不安であれば遠慮なく相談してみましょう。

  • 面接の場所はやっぱお店?

    お店での面接は怖いので別の場所がいいです

    基本的にはお店でおこないますが、ご希望であれば近くの喫茶店やファミレスでも対応できる求人もあります。出稼ぎの場合など遠方で求人を探している場合、出張面接をしているかどうかはバニラのこだわり検索で絞り込めるので、ぜひ利用してみてくださいね!応募からの流れとしては【お問い合わせ→スタッフと日時・場所の相談→当日のご案内→面接】が一般的ですよ。

  • 風俗の面接で持っていくものは?履歴書はいる?

    何をもっていけばいいのかわからないので教えてください!

    履歴書が必要な求人はほぼないといってよいでしょう。履歴書以外に、身分証系の書類の持ち込みが必要となり、職種によって必要な書類は異なります。いずれも事前にお店から案内があると思いますが、心配な場合は自分から聞いても大丈夫ですよ。ちなみに、下記のいずれかが必要になります。

    • 運転免許証
    • パスポート
    • マイナンバーカード
    • 住民基本台帳カード(住基カード)

    ※いずれの証明書類も有効期限内のものに限ります。
    ※その他の書類をお持ちの場合はお店に直接お問い合わせください。

    また、当日に体験入店をする場合は、替えの下着やメイク道具があると便利ですよ◎

  • 風俗の面接って何をするの?何をされるの?

    実技とか脱ぐとかあるなら受けたくないって思ってます

    面接では具体的なお仕事内容の説明はもちろん、給与・待遇・働き方などをじっくりと丁寧に話し合っていきます。とはいえ堅苦しい雰囲気ではなく、雑談をしながら進めていく和やかな感じですよ♪ボディチェックや実技チェックなどもしないので、安心してくださいね◎ただ、プロフィール情報としてスリーサイズを聞かれたり、講習の一環で実技をおこなったりするケースはあります。講習はDVDでおこなうことが多いですが、お店によって異なるので事前に確認しておきましょう。

  • 風俗は経験の有無で質問や待遇は変わる?

    それによって稼ぎなくなるなら経験者として面接を受けたほうが得ですよね

    基本的には経験者と未経験者で質問が変わることはありません。ただ、未経験者にはより詳しくお仕事内容を説明させていただく場合があります。待遇に関しても同じで、経験者・未経験者によって変わることはないです。未経験でも引け目に感じる必要はありませんし、風俗業界では経験がないのも魅力のひとつになりますよ◎

  • 当日に体験入店はできる?

    良さげなお店ならさっそく体入したいです

    できるお店がほとんどですが、気になる場合は応募時に確認してみてくださいね。逆に、応募時や面接時に体験入店できるかどうかをお店のスタッフに聞かれることもあります。当日に体験入店できない場合はそのときに伝えておきましょう。

  • 面接の結果っていつわかるの?

    普通の企業みたいにメールとか書類が届く感じなんでしょうか?

    お店によりけりですが、面接時、体験入店するかどうか聞かれるケースが多く、それが合格の合図だと思って大丈夫です◎もちろん体験入店であまりにも苦情を受けてしまったりすると話は別ですが、体験入店をしたらそのまま採用と考えていいでしょう。

  • 採用されたけどやっぱり辞退したい

    いざ受かったものの働く勇気が出ないため辞退したいです・・・

    辞退はもちろん可能です◎しかし、お店側は入店される前提ですでに色々と準備をしているかもしれません。辞退する場合はなるべく早めに連絡するようにしましょう。

動画で風俗の面接を体験しよう!

音声も聞きたい場合はスピーカーマークを押してね♪(本体の音量に注意!)

はじめての女の子向けコンテンツ

ジャンル別お仕事解説
風俗にも様々なジャンルのお仕事があります。ジャンル別にお仕事の内容を詳しく解説しているので、応募する際の参考にしてみてくださいね。
1日の流れがわかる!職種図鑑
風俗のそれぞれの職種について知っていても、具体的な1日の流れは働いてみないと想像がつかない部分もあるのではないでしょうか?職種図鑑では写真付きで一日の仕事の流れを解説します♪
業界用語辞典
風俗に限らずそれぞれの業界に、その業界ならではの用語があります。求人を探すにも、働くにも用語を知っているのとそうでないのでは大違い!知らない用語があったらバニラの業界用語辞典をチェックしてみましょう♪

バニラTOPページに戻る

さわれる風俗面接HowTo動画

音声も聞きたい場合はスピーカーマークを押してね♪
(本体の音量に注意!)